マロりん日記-Marrorin Diary-

ブラウンのトイプードル、マロンの暮らしを不定期更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4日間を振りかえって【あとがき】

検査のあと、翌日の昼ごろまでマロンは少しダルそうにしていましたが、そのあとはすっかり元気をとりもどしたみたいです。

鼻血もすっかり止まったようで、ブルブルした後に鼻を拭っても透明なシミがつくだけになって、私たちもようやく安心できるようになりました。

数日後、かかりつけの先生から連絡があり、大学病院から結果を聞いたとのことで、よかったですねと言われました。

ただ、やはり血液凝固の検査はあらためてやったほうがいいそうで、ごく細い注射の針の穴では止血できても、鼻の粘膜のようにずっと刺激を受け続けている箇所だと止血に時間がかかる場合もあり、一概に正常だとは言い切れないらしいです。

とはいえ、マロンは当分病院はいやでしょうから、検査は1ヶ月後くらいでいいとのことなのでそれまで休ませてあげるつもりです。

そして不思議なことに今回の騒動後、あれほど頻繁だったくしゃみや逆くしゃみ、寝ていると水溜まりができるほどの鼻水がかなり減ったようです。
やはりあれらは何らかの症状であり、悪い意味での集大成としてあの鼻出血が起こったのではないかと思えるのです。
今となっては治ってくれたならそれで良いのですがね。


今回は知識ばかりが先走りして、腫瘍、余命、治療方針、と私たちは勝手に右往左往したわけですが、普段は目を背けて考えまいとしていたマロンのこれからを考えるには良い機会になったと思えます。

また、かかりつけの先生にも言われましたが、大学病院のCT検査が4日後という直近に予約できたことはとても幸運なことでした。
得体の知れない病に怯える日々が少なく済んだのは私たちにとっても救いでしたから。あのまま2週間など待たされていたら胃に穴が開いていたかもしれません。(いや、本当に笑)

病院から戻って、両親とピッピとあんこの遺影にもたくさんありがとうを言いました。これからも私たちを見守っていてくださいと。

--------------------

犬の鼻血は危険、というネットでの情報が多い中、今回は幸いにも(?)原因不明という結果に終わりましたが、もしまた再発するようなら今度は鼻腔内視鏡のある首都圏の病院で再検査を受けるべきかなと思っています。

地方を腐(くさ)するつもりはありませんが、やはり動物医療でも首都圏のほうが選択する大学病院もいくつもあるし、検査専門の施設(検査のみなのであまり待たずに予約が取れる)もあり、どこも神奈川の家からさほど遠くなく行けます。
各診療科の専門医もあちこちに複数いて、どの病院のどの先生を受診するか選択することもできます。

今回CT検査を受けるにあたり、一番近い大学病院(県内でCT、MRIがあるのはここだけ)に行くためには高速道路を使い、時間もお金もかけなければ行けないのだとあらためて知りました。


シニアとなったマロンを岩手に連れてくることで、医療の問題というのが一番気がかりでした。
やはり地方はまだペットに関して首都圏ほどは理解が進んでいないように思え、医療設備も心許ない部分が大きいからです。

もちろんまわりの獣医さんはみな真摯に診察に取り組んでいらっしゃいます。
今回もかかりつけの先生は私の意向を汲んで迅速に予約を取ってくださり、本当にありがたく思っています。

しかし、診察頭数の差が絶対的である(こっちの病院は大抵それほど混みません)以上、経験値の差も否応なく生まれると思いますし、ましてや地方では高度な検査や医療を望む飼い主も少ない(※先生の談です)となれば、今の現状も致し方ないのでしょう。

ただ、頭数が少ないことも一概に悪いことばりではないと思えるのは、近くに家まで往診してくれる病院が何軒もあること。
なかには無料で往診に来てくれる獣医師もいらっしゃいます。
神奈川の自宅付近では往診してくれる病院は稀でしたから、通院がペットの負担やストレスになったり、ターミナルケアを望む場合にはとてもありがたいと思います。

要するに、首都圏には首都圏の、地方には地方の良いところがあるということなのでしょう。
どちらかを選択できる環境にあるうちは、両方の良い部分からなるべく後悔の少ない道を選んでいけたらいいと思います。


どんな時でもペットを守れるのは飼い主だけです。
私たちが考えて、選んで、マロンにとって一番良いと思える選択をしていけたらいいな、と。
また、これからの毎日をより大切なかけがえのないものとして、日々過ごしていきたいと思っています。


私の文章力が足りなく、やたらに長い記事になってしまいました。
長々とおつきあいいただき、ありがとうございました。

スポンサーサイト

嵐のような4日間【4日め-後編】

「細かいところまでよく見たのですがこれといった異常はありませんでした。」
詰めていた息が安堵のため息になって漏れた。
「腫瘍の所見もないし、異物も見あたりません」

電話口の私を見つめる夫の不安そうな視線を感じて、早く無事な結果を伝えたかったが、先生の話はそのまま続く。

CT撮影と内視鏡(鼻腔内視鏡の設備が無いので一番細い内視鏡を使い鼻の穴側からと口の中側からの撮影)をしたが、いずれも異常は見つからず、よって生検も行わなかったとのこと。

こんなことって、あるの?
だって、あんなに何もかもが悪い兆候を示していた。
半年前から増えた鼻水、ここ数週間特に頻繁だったくしゃみ、そして安静時にも突然起こる逆くしゃみ。
ついには3日間止まらない不気味な鼻出血。
すべてが重大な病のベクトルに向いていたのに。

奇跡、そんな言葉を信じたくなった瞬間だった。

先生との電話を終えすぐに傍らの夫に最高の報告をする。
彼もここ数日不安に耐えていたのだろう、安堵した夫の目がわずかに潤むのを見て私まで涙腺が緩む。

スタバでいい歳した男女が目をウルウルさせてる場面なんて、もし自分が他人だったら格好の笑いのネタだったろう。
でも、ただ嬉しくて。
マロンとこれからも一緒に暮らしていけるのだ。

病院へ戻り、画像を見ながら先生の話を聞く。
電話での話の通り、マロンの鼻腔の骨はきれいな輪郭となって映っていた。もやもやした箇所も無い。

鼻腔の一部に内視鏡が届かずに撮影できない部分があったそうだが、CTでは異常は見えないので恐らく問題はないだろうとのこと。

他にも胴体部のCTも見ながら説明を受ける。
腎臓に小さな結晶がいくつかあるが年齢を考えれば正常の範囲であり、他の臓器もこれといった異常は見当たらない。

腫瘍どころか、14歳のわりにはとても健康であるとのお墨付きをいただいた。
健康じゃなさそうだから検査を受けたのにおかしなな話だとも思えたが、素直に嬉しいから良しとしよう。


肝心の鼻出血の原因だがハッキリわからないらしい。
内視鏡で撮れなかった部分に異物があった可能性もわずかにあるし、何らかの原因で出血したものが血液の凝固に問題があって止まらなかったのかもしれない。
ただ採血で穿刺した際の止血時間は正常だったので、凝血にそれほど重大な問題があるとは思えない。
(これについては引き続き懸案となった)

要するに、結局原因はわからずということだ。

でも、不思議に今回に限ってはそれでも良かったと思えた。
ただひたすらにマロンの鼻血を拭いながら不安を抱えて、何を食べても味のしなかったこの4日間を考えれば最高の結果ではないか。

血液結果の結果と内視鏡の画像、レントゲンとCTデータの入ったDVDを受け取り、マロンと再会する。
マロンは少し動きが鈍いもののいつも通りもがきながら助手さんに連れられてきた。

よくがんばったね!
そう声をかけながら抱きしめたマロンが、いつもの何倍も愛おしく思えた。
さあ、おうちに帰ろう!

長かった4日間が、ようやく終わろうとしていた。


もう一息。
あとがきへつづきます

嵐のような4日間【4日め-中編】

術前検査の結果、障害になりうるような異常は見つからず、麻酔に問題無しということだった。
これで検査はできそうだ。

そして頭部を撮ったレントゲンには、真っ直ぐに通ったマロンの鼻の骨が写っていた。
「この写真を見る限り、腫瘍があるようには見えないんですよ」と先生。
腫瘍がある場合はモヤッと白く映ったり、骨に浸潤していれば鼻の軟骨の輪郭がぼやけたり、形が崩れて映るらしい。
少しホッとした私たちに先生は話を続ける。

「もしこの画像だけで診断するなら、様子を見ようという判断になるかもしれません。ただ、3日間も出血が止まらなかったのはやはり何かが起こっていると思われます」

少し安心した自分を戒める。
そうだ。
まだ安心するのは早い。
どう考えても異常な症状が出ているのだから。

「14歳ということだし、今日CTの検査ができる準備があるのだから、やはり調べたほうがいいと思います」

私たちもその覚悟で来たわけだし、異存はなかった。

すでに麻酔前の点滴を始めているとのことでマロンには会えなかったが、お願いしますと挨拶をして私たちは正午前に一旦病院を後にした。

2~3時間後に連絡するとのことだったので、私たちは味気なく感じながらも昼食をとり、気晴らしに近くのイオンモールに行くことにした。

店を見てまわるものの、頭に浮かぶのはマロンのことばかり。
今頃、どうしてるかな・・・電話がかかってきていないか、何度もスマホを確認してしまう。
そんな繰り返しなものだから、買い物もまったく楽しくなく結局スタバで腰を降ろして待つことにした。

座ってもなお落ち着かない気分でコーヒーをすすりながら、1時間ほどたった頃だろうか。
予定より少し遅れて待ちかねた電話が!さきほど話した担当の先生からだった。

マロンは無事に検査を終えて目を覚まし、すでに立ち上がっているとのこと。よかった!
あと残すは最大の心配ごとだ。
果たして電話口で聞いて良いものか一瞬迷ったが、勇気を出して聞いてみる。

結果は、どうでしたか。
そう尋ねた瞬間、胃がギュッと縮み上がった気がした。
覚悟は、できている。

固唾を飲んで返事を待つ私への、先生の言葉は思いがけないのものだった。

つづきます
次で終わります

嵐のような4日間【4日め-前編】

早めに目覚ましをかけていたが、ベルが鳴る前に目が覚める。
やはり気になっているのだろう。

期待してマロンの鼻をぬぐうと、薄くピンクの色がついた。
まだ、完全には止まってない・・・ため息とともに始まった4日めの朝、検査の朝。

朝ごはんを欲しがるマロンに、心を鬼にして自分たちの支度をする。
ごめんね、今日はあげられないの。がんばってね。

高速に乗り、盛岡の大学病院へ向かう。
マロンはいつものように楽しいお出かけだと思っているのか、スヤスヤ眠っていた。

病院へ着いたのは9時半すこし前。
予想に反して(失礼)比較的新しい、きれいな建物だった。
後から知ったが、3年ほど前に新築し設備も新たにしたようだ。

岩手大学動物病院


問診票に記入し待っていると、予約時間を20分過ぎたころに診察室へ呼ばれる。
内科の内田先生とこれまでの経過や症状を話す。
やはり片方の鼻出血が何日も止まらないことに懸念を示されているようだった。

「こういう場合は腫瘍の可能性があります」

ああ、やっぱりそうですか。
血をぬぐうだけしかしてやれなかった3日間、ネットを調べまくって症状を照らし合わせ、消去法で残ったのはそれしかなかったから。
信じたくはなかったけれど。

まずは麻酔の術前検査から。
血液検査とレントゲン、エコーを撮るので1時間くらい待合室で待つように言われる。
マロンはヒーヒー鳴きながら抱かれてドアの奥へ消えていった。
病院大嫌いなのにごめんね。 心の中でマロンに謝る。

待合室で夫とふたりになり、さっきの先生の言葉を反芻する。
覚悟はあったものの、獣医師の口から『腫瘍の疑い』との言葉が出ると、あらためてショックだった。

鼻腔内腫瘍の予後は一般的に良くないらしい。
手術も難しく、治療は放射線か抗癌剤が主になり、どちらも犬には副作用で多大な負担がかかる。

いつのまにか、どちらからともなく私たちは治療方針の話をしていた。
まだ裁判も始まっていないのに、既に判決が決まってるような気分だった。

マロンも14歳。人間で言えば70を過ぎた老人だ。
大嫌いな病院でつらく苦しい治療を何回もさせても、たった数ヶ月の延命しか手に入らないとしたら、やらせる意味はあるのだろうか。
もちろんまだ若ければ違う判断もできるだろう。
だけど14歳のマロンにどこまで頑張らせればよいのだろう。
何より病気と闘うことの意味が理解できない彼が、それを幸せだと思うだろうか。
つらい思いをして長く生きるより、どう生きたか、が重要なのではないか。
少しでも長く一緒にいてほしい、そんな私たちのエゴでマロンを苦しませたくはない。

だが正論と願望は別のもの。
結論など出るわけもなく、ふたりとも言葉が続かずやがて黙ってしまった。

しばらくして診察室から呼ぶ声がした。
手をかけたドアは、なぜかさっきの何倍も重く感じた。

つづきます

嵐のような4日間【3日め】

まるでいつもと変わらない朝のように、寝起きのマロンがトイレに向かう。そしてトイレの手前で身体をブルブルッと震わせた。
息を飲んで見つめると、周囲にはまた赤いしみが点々と飛んでいた。

今朝も、鼻出血は止まっていなかったのだ。マロンのせいではないが、つい落胆してしまう。

ただ、やはり量は減ってきている気がする。飛び散る血の点々が減ったようだった。

鼻をぬぐうと初日は真っ赤だったコットンはピンク色になることも増えていて、たぶん出血より鼻汁が勝ってきているのだと思う。
でも、止まってはいないのだけど。

今日で出血は3日目に入っていた。

何故止まらないのだろう。
どこから出血しているのだろう。
マロンの鼻の中でいったい何が起きているのか。
マロンの顔を見つめても、いつもと変わらないかわいい鼻先。

この子の鼻の中に腫瘍があるとしたら・・・

そうなりたくはないし、診断がつくまではわからない。
ただ、最悪の事態も覚悟はしておかなければならないと思った。
そう、もし明日の検査で腫瘍と確定されるようなら。

マロンにとって、何が最良なのか。
何をしてあげられるのか、どこまで頑張らせるのか。
どこで・・・闘わせるのをやめるのか。
それは飼い主の私たちが決めなければならないこと。

そんなことを考えるのは早いのかもしれないけど、3日間止まらない出血を見続けたことで私たちはすっかり追い詰められていたと思う。

盛岡の大学病院で検査をすれぱ、そう、明日になればきっとハッキリするだろう。
マロンとのこれからの生活がどうなるのか、いつまで続けられるのかも。

正直、行きたいような行きたくないような、知りたいけど知りたくないという、何とも言えない気持ちだった。

マロンは22時から絶食絶飲なので、私たちも早めに休むことにする。
幸い体調は良さそうだった。鼻血が無ければ健康そのものだ。

明日の無事を父母、ピッピとあんこの遺影にお願いしてから、私たちは眠りについた。

HomeNext ≫

プロフィール

かっきー

Author:かっきー


マロン ♂ 
2002年1月生まれ

夫婦と一匹暮らしです。
どうぞよろしく。

マロンはいくつ?

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

blogリンク

今までに泊まったお宿

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。