マロりん日記-Marrorin Diary-

ブラウンのトイプードル、マロンの暮らしを不定期更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日

とうとう大晦日がやってきました。
今日は家でゆっくり静かに行く年をしのび、来る年を祝って過ごします。

家族みんなが健康で、穏やかに楽しく暮らせること。
それはシンプルでたやすいようで、実はむずかしい。
あまりにも日常すぎて見失い、無くして初めて気づくことも多いものだから。

でもそのむずかしいことを実現して、今年もこうして1年の締め括りを無事に迎えることができました。
まわりのいろんな人や物事に感謝しつつ、新しい年を笑顔で迎えようと思います。

今年一年、ありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
123104.jpg

は、はいっがんばります!

では、皆さまよいお年を
スポンサーサイト

マイブーム

とうとう明日は大晦日。
2006年の終わりが近づいてきました。

歳を取ってくると1年が経つのが早く感じます。
というか、時間の進み方そのものが早くなるみたい。
なんでかな?
こんなんじゃアッという間におばあさんになっちゃうんじゃないかしら

ところで、最近のマロンのマイブーム。
私がお風呂から出る音(ドアを閉める音)がすると寝ていてもすっ飛んできて、腕の水滴をペロペロなめるんです。
お風呂から上がってすぐだから生ぬるい水だと思うし、何が美味しいのかわからないけど、どうも大好きみたい。

それはいいんだけど、マロンがなめ終わるまでしゃがんで待つ間、私は体を拭けないので風邪ひきそうなのよね
でも彼のせっかくの楽しみを奪うのもかわいそうだし、仕方ないか
123006.jpg

よーし、かわいいマロンのため、寒くてもがんばるぞ!

福島旅行最終日

さて最終日の朝が来ました。
今日はいよいよ帰路につく日です。
楽しい時間ってあっというまに過ぎてしまうものですね。
私にとっては上げ膳据え膳もこれで最後かと思うと寂し(ry

さて朝ごはんの食堂です。
122720.jpg

昨夜と同じように、仲居さんがマロンにも椅子を出してくれました(笑)。
ペット連れのお客さん専用の食事処なので、いろいろ融通がきくみたいですね。
マロンは床で待ってるのが苦手なので、こういう時はたいてい膝に乗せて食事をするのですが、そうすると食事がとりにくいのが困りものでした。(本当はテーブルで膝に乗せるのもマナー違反なんですよねずびばしぇーん

こんなふうに椅子を使わせてくれると、マロンも落ち着いていられるし、私たちもゆっくり食事を楽しめて助かります。
こういう小さいことが案外有難いものなんですね。

朝寝坊の宿というだけあってチェックアウトは12時。
ゆっくり朝風呂に入って休んでから、近くを散歩することにしました。
宿の入り口横にはペット専用露天風呂が。(もちろん温泉)
122721.jpg


ワンちゃん用だからか随分ぬるめになっていて、外が寒い時期だとちょっと心配かなぁ?
でも温泉ですから、ゆっくり浸かっていればきっと温まるでしょうね。

入浴を楽しむ(?)ワンちゃんたち。
122722.jpg

入って暫くもがいてた気がするが気持ちよさそうに浸かっていました。

そして玄関内にタオルやテーブル、ドライヤーも完備されてるので、拭くのも乾かすのも心配ないです。

マロンは・・・入れた後のドライを考えると憂鬱なので自粛しました
ロビーでMyスリッカーとMyドライヤー持ってゴーゴー乾かしてたらドン引きされないかと不安(笑)
(ていうか飼い主が面倒くさいだけ)

外は久しぶりの快晴です。でも群馬だけあって冷えてます。

宿の前の通りには射的屋さんがあったりして、レトロな雰囲気。
122723.jpg


源泉が引かれている場所には、小さなお社がありました。
122724.jpg


マロンも久しぶりにのびのびとお散歩ができて嬉しそう。
やっぱり晴れてないとつまらないよね。
122726.jpg


温泉街の真ん中を流れる川。
紅葉と雪の山々のコントラストがキレイです。
122725.jpg


もう少し歩いてみましょう。お天気も良いしね。
122730.jpg


大きな河原に出ました。
122732.jpg

右側には長くて立派な遊歩道が完備されています。
ただゴルフの練習してるオヤジがいて危ないので行きませんでした。
公園とかでああいう人をたまに見るけど、いくらフルショットじゃないからって公共の場所でやってはいけません。
そういうセコいことしてる人間は決して上手くなれないって相場は決まってるのサっ

そして私たちは美しい紅葉と
122727.jpg


雪化粧の山々を見て
122731.jpg

早めに帰路につきました。

今回、天候にはあまり恵まれなかったけど、それなりにあちこち見られたし遊べたし、楽しい旅行でした。
ていうかさー、やっぱり家族で一緒に出かけられるってこと自体が、一番幸せなことなんだよね。

行き先とか、天候とか(そりゃあ良いほうがいいけど)、そういうのは後からついてくるもので、みんなで一緒のものを見て、一緒にすごす時間っていうのが何物にも代えがたいものだと改めて思ったわけで。
あれ?なんかマジメな感想になってしまった・・・(^^;)

やたらめったら長い旅行記にもかかわらず、ここまで読んでくれた貴方!ありがとうございました。

この先ものんびり更新していきますので、良かったらまたおつきあいください。
122733.jpg

福島旅行3日め

起きてみると、またまた雨。
でも昨日よりは小降りなようです。
早速マロンはパパと朝のお散歩へ。
122705.jpg

なんか静かな朝もやの中、良い雰囲気じゃなーい♪と思ったのもつかの間、この直後マロンはウンティング開始。
まぁ、そんなもんやね・・・全部出してきなされ(爆)

このまま雨が止んでくれないかなーと淡い期待を抱いたのですが、
なんと1時間後・・・

なんじゃゴルァァァ----!
122706.jpg

雪が降ってきました!
それもみるみるうちにガンガン降り始め、
122708.jpg

吹雪いてますが何か?

そう、そしてあっという間に車も屋根も真っ白。

私たちは真っ青。

うげげ!
スタッドレスタイヤ履いて来てないっつーの!!

あせっている間にも雪はどんどん降ってくる。
今のところ路面に雪は積もっていないし、泊まっている場所は比較的高地。
道路が白くならないうちに標高の低い街中まで降りてしまおうということで、大急ぎでチェックアウトしました。
本当はゆっくり散歩して写真ももっと撮りたかったんだけど、もう仕方ない。

「地獄雪の文句は磐梯に言え。」って感じですよ。(わからない人すみません)

とにかく恨めしや雪。

とりあえず予想通り、少し降りただけで雪も少なくなったので、通りがけの五色沼にちょっと寄ってみました。
122709.jpg


しかしむちゃくちゃ寒い!
マロンも抱っこから下りたがらないほどの寒さ。
この写真を撮っただけで早々に退散となりました。
本当はもっと沼めぐりとかしたかったんだけどねぇ・・・
なんにせよ寒すぎだっつーの。まったく

寒さの文句は福島県にもうよい

ところで凍えた体を温めるといえばやっぱりラーメンだね!
福島県でラーメンといえばあの有名な喜多方があるジャナイの!
というわけで車を走らせることしばし、喜多方に到着しました。

ですが、やっぱりここも雨・・・。
まぁ、雪じゃないだけマシと思うしかない。

さて喜多方はラーメンの街でお店も星の数ほどあるけど、そう何度も来れる場所じゃないし、行き当たりばったりで失敗するのは悔しい。
そこで私はあらかじめ某巨大掲示板の地域スレを巡って調べておいたのだエッヘン。(まったく威張れない)
出てきたラーメンはこれ。
122710.jpg

麺は手打ちで微妙に太さのニュアンスが違うシコシコ麺。
スープは臭みがまったくなくあっさりしつつコクのある醤油味。でも醤油のえぐみも全然なし。

大変美味しゅうございました。

この味なら来るのが地元ナンバーの車ばかりなのも頷けるね。これで

てんちょの長いトークが無ければ100点満点だな!

さて、喜多方ラーメンで心も体も温まった私たちは、次の目的地へ向けて出発。
磐越自動車道を、一路新潟を目指してひた走ります。

途中このあたり↓の(なんてアバウトな・・・)
122711.jpg

サービスエリアで休憩。

寒いけどやけに元気なマロンさん。
122712.jpg

この後会った柴のわんちゃんからのラブラブ光線をきれいさっぱり無視したなw

眼下には大きな川が流れていました。
122713.jpg


さて、何のためにはるばる北周りで佐渡島を横目に見ながら新潟に来たかのかというと、私がどうしても行きたい場所があったのです。
122714.jpg

アクアデザインアマノのギャラリー。

それなりにアクアリウムかじった人なら多分知らない人はいないだろうADAの、ネイチャーアクアリウムギャラリーです。
たくさんのレイアウト水槽が展示されています。
ちょっとだけ紹介すると
122715.jpg

122716.jpg

クマノミなんかもいたりして。
122717.jpg

こんな感じで整然と水槽が展示され、内部は癒しの空間。
もうテント持ってきてここに泊まりたいくらい綺麗でした
うちの水槽とは似ても似つかないけど、ほんとうに眼福でございました。

そんなこんなで私がいつまでも水槽にひっついて時間を食ってしまったので(爆)、急いで関越自動車道を南下し今日の宿泊地へ向かうことにしました。
途中上越のあたりでまた雪が降り出し、再び真っ青になりながら水上温泉へ到着。

今日の宿泊は
『朝寝坊の宿だいこく館』さん。

部屋へのサービスは一切しないのでゆっくり休んでくださいとのコンセプト通り、部屋にはもうお布団が敷いてありました。
122718.jpg

到着して早速ゴロゴロできるのは楽チンですね♪

ロビーには一角をサークルで囲ったフリースペースもあり、そこでワンちゃんと遊ぶこともできます。
122719.jpg

マロンはカッパを着ていますが、雨の日でも屋根つきの専用トイレが外にあるので無くても大丈夫。
夕御飯はナマズの串揚げなど変わったものもありながら、オーソドックスな和食でした。量も味も大満足♪
写真をすっかり忘れたので、食堂の様子は次回の朝食でご紹介します。

そして次回でいよいよ旅行記も最終回。
乞うご期待!(見てくれてる人がいればね・・・ボソッ

福島旅行2日め

またまたまたずいぶんと間が空いてしまいましたっ!ギャハーッ
旅行に行ったことも忘れるつぅの。
でも衰えつつある記憶をたどって(爆)続きいきますわよっ!
お暇な人は見ていってくださいねーーーー

さて翌日。
予報はズバリ当たって昨夜から雨模様。
犬連れの旅行だと雨に降られた途端に行くところなくなるんだよねぇ・・・でも部屋でゴロゴロしてるのもつまんないし。
で、コテージから車で1時間くらいの場所にある『アンナガーデン』ってところに行ってみました。
122701.jpg

民芸品や雑貨屋さん・地ビールの飲めるお店など、一日遊べる観光スポット!
・・・・・・・・・・・・・とのふれこみだったんだけど、お店少なっ!
正直粘っても2時間が限度ってところじゃないかと。(それでもキツイと思う)

下がビチョビチョなので歩けないため、つまらなそうなマロン。
122702.jpg

そうそう、奥に見える教会で結婚式を挙げているカップルがいました。雨で気の毒だったけど、どうぞお幸せに

一応一回り見て回ったけどめぼしい品も無く、手作りジェラート食べて退散しました。ともかくアイスは美味しかったのでよかったかも。

でも時間はまだ正午過ぎ。ここで一日過ごせると思って来た私たちは途方に暮れてしまったわけで。
仕方ないので猪苗代湖でも見に行こうと車を走らせ、小腹が空いたので途中の温泉街で名物らしい『天ぷらまんじゅう』ってのを買ってみました。
122703.jpg

中身はこれ。
122704.jpg

まぁ、ぶっちゃけただの揚げ饅頭なんだけど(笑)、注文後にその場で揚げてくれるので、アツアツサクサクなのが美味です。
しかーし、油モノだけに調子に乗ってバクバク食べると、後で胃がもたれること間違いなしな諸刃の剣でもあります。みんな、要注意だっ!(経験者は語る!

その後猪苗代湖に着いたものの、雨だけに景色も良く見えないような状態でボートなども乗れるわけもなく。
せめて美味しいものでも・・・とガイドブック片手に訪ねた手打ち蕎麦屋では

見事玉砕。やっぱりる○ぶはダメだ・・・

そしてこの日は失意のうちにコテージに戻ることになりました。
何だかな~阿藤快風

そんな日なので宿に戻ってからはまさにゴロゴロとゆっくり過ごしました。外は相変わらず雨も止まないし。

さて、前夜はレストランで食事をとりましたが、今夜は部屋でマロンと一緒に食べます。
鍋ものだったら部屋まで一式運んでくれるので、あらかじめ庄助鍋というのを予約しておきました。
122729.jpg

これがまたすごい量。
4人前はありそうな土鍋に野菜やつくねやお肉がギッシリ。
うどん盛りもついてるのにさらにおひつにはご飯が。
お世辞にも少食とはいえない(爆)私たちでも、無理でしたー。(でも翌朝タマゴ雑炊にして食べちゃったけど。)
たまたま朝食を頼んでいなかったのでラッキーでした。
こういう時はコテージはキッチンがあって便利ですよね。

さて、次回へ続く。ええ、今度は本当に続きますとも。

Home

プロフィール

かっきー

Author:かっきー


マロン ♂ 
2002年1月生まれ

夫婦と一匹暮らしです。
どうぞよろしく。

マロンはいくつ?

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

blogリンク

今までに泊まったお宿

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。