マロりん日記-Marrorin Diary-

ブラウンのトイプードル、マロンの暮らしを不定期更新

ほっと一安心

ピッピですが、まる一週間入院して、日曜に退院できました!よかった~
ご心配をおかけいたしました。

それでも心臓が悪いのは間違いないようで、毎日薬入りのお水を飲むことになってしまいましたが、それで生きていけるならたいしたことじゃないです。
一時はこのままお別れを覚悟しましたから・・・

今はあまりケージから出さずに休ませていますが、出たがって暴れて元気に鳴いています。
ウンPもいい感じだし、とりあえず一安心て感じかな。
でもマロンはライバルが戻ってきたので気が気じゃないようです(笑)

11061401.jpg
新しいコンデジ買ったので、マクロでドアップ(笑)

ピッピ入院

3月半ばからうちの子になったセキセイインコのピッピ。

IMG_5128_convert_20110606113950.jpg

以前の記事マロンの意外な一面?でも触れたとおり母と暮らしていましたが、その母が他界したのに伴ってうちに戻ってきました。

私が挿し餌をやって育てた子であり、亡き母の忘れ形見でもあるピッピ。
生前母はよく鳥かごの隣に座り、何度も名前を呼んではかわいがっていました。
そのピッピも今はマロンの弟としてすっかりうちの子だったのですが・・・

そのピッピが昨日から突然体調を崩しました。
何も食べず下痢し、丸まってほとんど動かないという状態に、慌てて病院へ連れていきそのまま入院。
身体が小さいだけに症状の変化も劇的で、昨日までは元気におもちゃで遊んでいたのに・・・

診断は、心肥大で不整脈も出ており、一日経った今日もいまだに状態は改善していないとのこと。
お腹を壊しただけですぐに退院できるんじゃないか、なんて淡い期待は吹き飛びました・・・

母を看取ってからニか月、ようやく心の整理ができてきたところだったのに、ピッピも母の後を追って行ってしまうのじゃないかと思うと、泣けて泣けて仕方ありません・・・
昨日診察台で丸く小さくなっているピッピを見てから、ずっとこんな調子で私はダメダメです。
もっとしっかりしなければ、とはわかっているんですが。

母が名づけて、教えたとおりに自分の名前を何度もおしゃべりしていたピッピ。
小さい身体で今も病院でひとり頑張っていると思うと、泣いてばかりもいられませんね。
ピッピに負けないように、私もがんばらなければ。

お気に入りの【ゴーゴーペンギン】
11060601.jpg
「ピッピ、元気になってまた遊ぼうね!」

Home

プロフィール

かっきー

Author:かっきー


マロン ♂ 
2002年1月生まれ

夫婦と一匹暮らしです。
どうぞよろしく。

マロンはいくつ?

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

blogリンク

今までに泊まったお宿

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンタ