マロりん日記-Marrorin Diary-

ブラウンのトイプードル、マロンの暮らしを不定期更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目に変化が

マロンの目にできた白点ですが、昨日の朝にはあったのですが、夕方になって様子が違っているのを発見。



白点が見えにくくなって、何かが赤っぽく広がっている・・・?

マロンは気にしていないけど、もしかして炎症とか、内出血とかだったらどうしよう(*_*)
心配なのですぐに病院に連絡して、院長先生に診てもらいました。

診察の結果、白い点はまだあるのだけど、血管が延びてきていて上を覆ってきているらしい。
それが良い兆しかどうかはわからないけど、血管が目をどうにかしようとしていることは間違いないということ。

先生もどう経過していくのかはわからないようで、引き続き目薬を点眼しつつ2週間後の再診まで様子を見ることになりました。
良い方に向かってくれたらいいな。
スポンサーサイト

目が点

ふざけたタイトルのようですが、最近マロンの右目に点ができてしまったのです。

こんなの


マロンの右目は3年ほど前に角膜穿孔と感染症を患った後遺症でもともと白く濁っていたのですが、このごろそこに白い点が現れてきたのです。
マロンは気にしてないようなんだけど、このまま放置はできないし。

本当は3年前にお世話になった眼科の先生に診てもらいたい(カルテもあるし)んだけど、いかんせん岩手からじゃ無理なので、近所の病院に月一度来るという東京の眼科の先生に診てもらうことにしました。

ちなみに事前の血液検査から、カルシウム、コレステロールの沈着ではなく、甲状腺の異常もなく、クッシングの症状もないことは確定していました。

診断は、新しい角膜細胞がうまく作られずに組織を巻き込んでダマのようになっているもので、肉眼で見えるのはひとつだけど顕微鏡で見るとふたつあるそうです。

おそらく以前の角膜穿孔の影響が長い時間を経て現れてきていると思われるそう。

治療としては、白いダマ部分に針を挿して組織を取り細胞を調べてから、膿など悪いものでなければ除去したほうがいいとのこと。
この先大きくなっていく可能性もあり、放置しておくのはよろしくない。

ただ、目なんで鎮静をかけないとできないし、それも細胞の採取と除去なら最低2回です。
そしてまた再発する可能性もかなりあるとのことで。

マロンも14歳だし、これからは命の危険があるようなとき以外の麻酔や手術はせず、のんびり暮らさせてあげたいと思っていたのに、その矢先にこれなんだもの。

とりあえず次の診察までは目薬(たぶん効かないよと言いながら出された)をさして様子見になりましたが、考えておかなきゃなりません。

それにしても診察20000円とたぶん効かない目薬が3000円にブラス税。

しかたないけど、トホホ(;´д`)

たかが節分、されど・・・

不思議に思っていたんです。
この頃、スーパーの目立つところにやたらと『落花生コーナー』があること。
どこのお店でも落花生推しがすごいなぁと、美味しい時期なのかなとか思ってました。

そして聞いてビックリ、このあたりでは節分は落花生でやるそうなんですね!全然知りませんでした。
確かに投げても回収して剥けば汚くないし、雪の中でも見つけやすいかも?

歳の数は中のピーナツで数えるのか落花生の数なのか、でも落花生で数えたら中高年はすごい数のピーナツになって大変だろうな、ってかそもそもそんなに食べれるのか等疑問はつきませんが、私は吹き出物その他が心配なのでいつも通りのこれにしました。


なんか勘違いしてる子がいますが(*´ω`*)

落花生コーナーの片隅にひっそりと並んでいた煎り大豆(笑)
とりあえず売ってたのでよかったです。

でも落花生もちょっと食べたかったかも・・・


Home

プロフィール

かっきー

Author:かっきー


マロン ♂ 
2002年1月生まれ

夫婦と一匹暮らしです。
どうぞよろしく。

マロンはいくつ?

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

blogリンク

今までに泊まったお宿

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。